ピル・避妊リング

ピル/低用量ピルについて

ピルは正しく服用すれば、ほぼ100%の避妊効果が期待できます。

そして、服用をやめれば再び妊娠できるようになることから、女性にやさしい 「自分自身で出来る」 非常に有効な避妊法だと言えます。1999年9月、日本でも低用量ピルが認可を受けて発売されるようになり、副作用の面でも劇的に改善されました。

現在、低用量ピルは、世界中で約8%(約1億人)以上の女
性が服用しています(先進地域では16%、ヨーロッパでは
31%の女性が服用中)。

低用量ピルの副効果について

低用量ピルは、避妊効果の他に様々な副効果を持っています。

  • 月経周期を規則正しくする
  • 生理痛を軽くする
  • 月経血量を減少させ、貧血を改善する
  • 多毛症やニキビの改善
    (ピルの種類によっては一時的に症卵巣癌、子宮体癌の発生率を下げる
  • 骨盤内感染症を減少させる
    (性感染症STDを予防するものではありません)
  • 良性乳房疾患の発症率を下げる

上記のほかに、「乳房が大きくなった」「化粧のりが良くなった」等、いろい
ろな効果を 患者様からお聞きしますが、効果については個人差があります。

低用量ピルの副作用

主な副作用吐気、嘔吐、乳房痛、頭痛、不正出血など

血栓症、心筋梗塞
乳がん、子宮頸がん(非常にまれですが発生のリスクが増加します)

不正出血に対しては、2~3ヶ月の服用により無くなる事がほとんどですが、それ以上続く場合は医師に相談してください。

乳がんのリスクは、約1.24倍高くなるとの報告があります。(ピルを服用していない人が乳癌になる割合は人口10万人に対して約46人です。ピルを内服した場合に乳癌になる割合は、人口10万人に57人とわずかに増加します。)

ピル内服中は、6~12ヶ月毎にSTD検査(クラミジアなど)、採血検査、子宮頸部がん検診、乳房検診等を受けることをお勧めしています。

低用量ピルには大きく3種類あり、体にあったピルを選択することにより副作用を軽減することが出来ます。

ピルを服用できない場合があります

  • 以前に服用し、過敏症を起こしたことのある人
  • 乳ガン、子宮体ガン、子宮頚ガン、子宮筋腫およびその疑いのある人
  • 原因不明の性器出血のある人
  • 35歳以上で、1日15本以上の喫煙者
  • 高血圧のある人
  • 授乳中、妊婦、または妊娠している可能性のある人
  • 大きな手術を控えておられる人
  • 思春期前の人

上記以外にも、服用できない場合や慎重に服用しなければ
ならない場合があります。医師にご相談ください。。

ピルを服用できない場合

費用について

低用量ピルの内服は長期内服が基本となります。長期内服される患者様の負担を軽減し、
生活改善薬としてのピルを多くの人に服用していただける様に価格の見直しをしました。

トリキュラー28、マーベロン21等、2,300円/ 1ヶ月(税抜)となります。

初めてピルを内服される患者様や薬の変更をする場合

定期処方時

費用について

緊急避妊ピル/モーニング・アフターピルについて

避妊の失敗 (コンドームが破れた・はずれてしまった等) の場合、72時間以内に緊急避妊ピルを服用する事により、妊娠を防ぐことができる可能性があります。

ただし、100%避妊できるわけではありません。

緊急避妊ピルの作用

緊急避妊ピル

月経周期のどの時期に、緊急避妊ピルが服用されたかによって作用の仕方が異なりますが、例えば排卵を抑制する、受精を妨げる、子宮への受精卵の着床を阻止するなどが考えられます。

妊娠の成立とは、受精卵が子宮内膜に着床することを言うのですから、いったん着床してしまったら、すなわち妊娠が成立した場合には、緊急避妊ピルが有効でないことはいうまでもありません。

緊急避妊ピルの内服方法

最初の緊急避妊ピルは、無防備なセックスが行われた72時間以内(3日以内)に服用しなければなりません。

緊急避妊ピルの副作用と安全性

緊急避妊ピルを服用すると、一時的ですが気持ち悪くなったり、吐いたりする場合があります。時には、頭痛、めまい、腹痛、乳房緊満などが起こることもあります。ただし、これらの副作用は24時間以上継続することはありません。

ピルを服用しても効果がなく、妊娠してしまった場合でも、今まで知られている限りでは、異常妊娠であったり、赤ちゃんに異常があったりということはありません。(世界中で、1970年代の半ば頃より、緊急避妊ピルは使用されています)

低用量ピル等の経口避妊薬についても同様ですが、服用してはいけない人や慎重に使用した方がよい人がいますので、不安な方は医師にお尋ね下さい。

性感染症について

ピルと子宮内避妊具は、どちらもエイズを始めとした性感染症(例えば梅毒、淋病、クラミジア、ヘルペス)を予防することはできません。あなたがエイズや他の性感染症に感染していないかどうかお悩みでしたら、医師に率直にお話し下さい。

費用について

ノルレボは2011年に日本で厚生省認可された緊急避妊薬です。

以前のヤツペ法に比べて避妊率が高く、副作用(吐気・嘔吐など)が少なく、 1回飲みなので72時間ぎりぎりでの内服でもヤツペ法に比べて効果が期待できると考えられます。

ノルレボ錠

避妊リングについて

避妊リングは低用量ピルと同じく、男性の協力なしに女性自らが妊娠の危険を避けるためにできる避妊方法です。

授乳中でも母乳への影響が無く、安全に使用できます。(産後2ヶ月程度から挿入できます)

避妊率 FD-1:95~97%、マルチロード:99%
と100%の避妊の効果ではありません。
(コンドームの避妊率は90%前後)

※性感染症や子宮外妊娠を防ぐことはできません。

避妊リングに向いているひとは?

  • お産をした事がある。
  • 長期避妊を希望する人。
  • 中高年でピルの副作用が心配な人。
  • 授乳中で避妊をしたい人。

挿入時期

月経終了後から2~5日頃の妊娠の可能性が無い時期

挿入時期

費用

医療法人社団 こうのとり会 西川レディースクリニック

兵庫県姫路市駅前町188-1
ピオレ姫路6F

病院案内はこちら

西川レディースクリニック受付

※予約制では無いので直接診察時間内に来院してください。

※初診の患者様は必ずPM6時30分までにご来院下さい。

お問い合わせは079-284-7177
メールでのお問い合わせはこちら

※カードでのお支払いはできません。
予めご了承下さい。